アクセサリ

SHIMANO SPD-SL クリートを青に交換

PD-R550というビンディングペダルを使っているんですが、これについていた黄色のクリートがだいぶ擦り減ってきたので交換してみました。

交換後の写真。黄色から青に交換しました

交換後の写真。黄色から青に交換しました

距離にしてみるとだいたい2,500㎞くらい走ってからの交換でした。写真では分かりにくいですが、入っていた金具が銀色でした。

PD-R550に入っていた黄色クリートについていた金具は黒色でしたが製造時期がある時から銀色に変わったそうです。

交換前の黄色クリート

交換前の黄色クリート

ちなみに、人によっては「もう交換時期がとっくに来てますよ!」という人も居れば、「まだまだ交換には早い」という人も居る、、、そんなところだと思います。
調べたところ黄色い部分は滑り止めに付いているようでシューズを固定するための役割は無いそうなので、であれば貧乏性の私は次回はもう少し粘ろうかと思います。
黒い部分は全然大丈夫そうでしたしね;;

黄色と青を比べるとこんな感じ。殆ど差は無いです

黄色と青を比べるとこんな感じ。殆ど差は無いです

実は黄色のクリートへの不信感が非常に強かったのが、今回の交換の大きな理由です。
黄色のクリートはビンディングペダルへ固定された足が左右へグネグネと動く遊びがあります。

クリートが擦り減ってきたことと、黄色クリートの遊びが多い「ぐにゃ」とした感じがするたびに、クリートの摩耗によりペダルから足が外れる恐怖が一瞬頭をよぎることが多くなってきて、スタンディングがしにくくなったということがストレスになっていました。

青に変えたところ不安はもちろん、もともと苦手だった「ぐにっ」という遊びがなくなり変なストレスは無くなりました。
赤は全く遊びが無いようですが、青で今のところ遊びがあるように感じたことはありません。黄色の遊びが気になる人は赤にいきなり行かなくとも、とりあえずは青で良いと思います。

◆まだビンディングペダルを買ったことが無い人へ
これからビンディングペダルを購入する人は、クリートはペダルにセットになってついてくるので別で買う必要はありません!
新品であれば、ビンディングペダルとシューズを買えばOK! シューズにはSPDのみの対応、SPD-SLのみの対応、両対応がありますので注意です。

シューズは色々ありますが、ペダルに関して私のオススメは断然↓これです。ブラックよりグレーはなぜか安い!

個人的には控えめなペダルにグレーというカラーは挿し色になって良いと思ってます。横から見るとつま先側が上がっていて、スニーカーでも乗りやすいです!

そして中古品大好きな私ですが、、、ビンディングペダルは新品で買うことをオススメします。ビンディングペダルは中古でも全然値段が落ちません。
欲しいペダルが中古で新品価格より1,000円くらいしか変わらないようであれば、クリートはついてくるので新品を買った方がオトクだと思います。

ちなみに、私はサブの自転車にコーダーブルームのミニベロを購入しましたが既にシューズもクリートも持っていましたので、2世代くらい前と思われるULTEGRAのビンディングペダルを中古1,080円で買ってつけました。(ウチで唯一のULTEGRAグレードw)

最初からとにかく激安で見た目ボロボロでも良い!というのでしたら、中古もありなんでしょうか。

-アクセサリ
-,