ロングライド

銚子へ100キロライド 2015年走り納め

いよいよ2015年も終了ですね。

今年の走り納めは少し前ですが、27日土曜日に銚子へと100キロライドに行ってきました。

朝8時に荒川沿いにセキドンと集合して出発。

都内から40㎞ほどは1時間で15kmほど、それ以降の残り60㎞は20kmほど進める計算で、5時間半ほど走りだいたい13時半頃に到着できる想定でルートを選択しました。

単純に走るのはいつも通りダイエット目的などがあるのですが、今回は他に100㎞ライドする上で試したかったことが2つありました。

  • 先日買ったVAUDEのリュックを背負って行った時、どのくらいの疲労感があるか
  • SELLE SMP HELLから、Selle San Marco PONZAを相性を調べたい

Selle San Marco PONZA

ちょっと前にY's Roadのスポーツバイクデモに行きCAYOに乗った時、非常にすわり心地が良いサドルが付いていました。それがSelle San MarcoのPONZAでした。

ずっと使っているSELLE SMPのHELLは非常に良かったのですが、乗車フォームの変更とともに腕に荷重がかかり、手首の痛みが増してきたことが悩みどころでした。

また、ロングライド時に太腿回りだけでなくお尻の筋肉を使って疲労を軽減して乗ることなどを試しているのですが、この時のポジションチェンジにもHELLはあまり向いていないようだったので、安かったこともあり試しに買ってみました。

このPONZAは、SELLE SMPのサドルと同様に前後にはあまりポジションをずらさず1点で乗るタイプのサドルかと思います。スコッとハマる部分がある・・・そんなサドルのようです。

いきなり100㎞ライドは危ないかと思ったので、事前に30㎞、70㎞と2回ほど走り調整をし当日に臨みました。

・・・結論から言うと、PONZAは自分には合わなそうです。

ロングライド後も少し走り結局、計300㎞ほど試しましたが、だいたい最初の20㎞くらいは非常に快適。

その後、徐々に股関節(恥骨?)や坐骨が痛くなってきて、翌日にも痛みが残ってしまいました。

多分、このサドルは単純に自分にはクッションが固すぎるんだと思います。指で押してみるとかなり固く、また良く聞くサドル自体のしなりもありません。

PONZA POWERだとクッションが多少多いようなので、そっちなら良かったかも・・・

1度HELLに戻してみて、また別のを試してみて色々ローテーションしてみようかと思います。

Vaude Wizard 24+4を実際に使った時の疲労感

まぁやっぱり疲労感はかなりありました。

PONZAでの尻の痛みも多少リュックを背負っていたせいも多少はあるんじゃないかと思います。

ただ、最も疲労感を感じる部分は腰だと思います。翌日に腰のこりが出たこともあり、思い返すと途中のコンビニで休憩する度に腰を反らすように伸びをしていたような気がします。

やっぱり長距離を走りたいときは極力背負わないで走るに越したことは無いですね。

銚子ロングライドの見どころ

サドルやリュックの話から入ってしまって順序が逆ですが、銚子に到着したのは14時前頃でだいたい予定通りに到着することができました。こうやって時間の予想がつくようになってきたのもちょっとした成長だと思います。

銚子へのロングライドは、走っていると都内と郊外移り変わりのコントラストがはっきりしてて旅感を非常に感じることができたのが楽しかったですね。

例えば、、、着陸付近の飛行機が大きく見え大迫力で、「おお、成田まで来たのか!」と実感が持てます。

遠くの方から大きな風車を見つけあんなところに風車があるのか~と思っていたら、だんだんと数が増えてきて間近を走ることに。畑の合間にドーンと立つ風車はかなり異様な風景で異国感がありましたw

そういえば、途中で暴走族のような爆音のバイクを何台か見ましたが、ローディには1台もすれ違いませんでした。・・・あんまり人気無い?

銚子の港沿いには利根川にかかるばかでかい橋が見えます。あの巨大な橋は否が応でも河口まで来た実感を感じることができました。

そしてやはり美味しい海産物。マグロづくしを腹いっぱいいただく。この達成感が車では味わえないツーリングの良さだと思います!

輪行バッグに詰めるのに多少手間取って電車を1本逃したら、次の電車は50分後・・・

駅に着いてから錦糸町まで戻ってくるのに3時間半もかかりましたが、電車も空いていて助かりました。

走り納めをして

何はともあれ怪我なく終えられて良かったです。

この1年はあっという間でしたが、振り返ると盛りだくさんで自分なりに色々とチャレンジできた年だったかと思います。

ブログを始めたことで、自転車のことを色々調べて知識も多少増えことも大きな変化だったかと思います。知識が増えることでよりのめり込んで行きました。

また、笠間のセンチュリーライドや奥多摩のグランフォンドなどの競技に近いイベントに参加できたことも非常に良い経験で、走ること自体の楽しさが広がりました。

来年は愛車をもっと快適にしてたくさんイベントに参加して、もっともっと楽しくしていきたいですね。

 

-ロングライド
-,