パーツ

PD-R550不具合について

2018/02/27

今年の1月に購入したPD-R550。 SHIMANOの値上がり前ってこともあり安く購入。
しかし、ビンディングペダルはもう自分にとってはホイール以上に外せないパーツで、こいつ無しにはあまり乗りたくないくらい重要なパーツです。

参考記事
キャッチしやすくビギナーにも優しい、しかも安い!SPD-SLペダル PD-R550
ロードバイクデビューの2015年に買って良かったグッズランキング

ビンディングペダル PD-R550を装着したところ(1月)

ビンディングペダル PD-R550を装着したところ(1月)

 

色もグレーを選んで、黒のフレームに小さなアクセント、やさしい色合いだけど埋もれない機械的な存在感が素敵です。

が、このパーツを使用して、およそ半年くらいかな?先週末、もう右足だけやけにゆるくて、初めてのクリート交換かな~と思っていたら、ペダルの方にガタがきてました。

PD-R550のねじ

裏から見た図

ねじが少し外側に出てました

クリップ部分を押さえてねじを押し込みます

 

このネジが通常は 画像の通りだけど、実は長くて図のように入ってクリップの軸になっているところ、振動か何かなのか緩んでしまい 反対側が図のように外れてしまったようで、固定力が弱まってました。

クリートが減ってきたからと思い込んでたら違うじゃないか、、、 少しなんやかんややりましたが(力任せにハンマーで叩いたりw)冷静に外れてしまっているクリップ部分を手で押しながら、固いもの(ツール類などが良いかと)でネジを押し込むと意外に簡単に入ります。

これで修復完了と。 固定力も回復しました。にしても方っておいたらどうなってたんだろうか。

ダンシング中に踵が飛んでっちゃうとか想像もしたくないですわw

追記
現在は対策品が出ているらしくこの不具合は起こらないようです。運悪く製造日が古いPD-R550を買ってしまい不具合がでてしまったらSHIMANOに問い合わせをすると交換してくれるようです。(ネットの情報なので真偽は不明です)

不具合が出た人はSHIMANOに連絡入れてみましょう。(保証書や購入時の箱が必要になるかもしれません)

2018/02/27追記

不具合が出たペダルに対して、ネジ止め材を付けてみたところ、症状が完全改善されたので、もしネジ止め材がある人は試してみても良いかもです。勿論、これによる不具合が出ても責任は取れません。

PD-R550 不具合を修復

このネジの付け根と言うんでしょうか?お皿がついてるとこに溝が入ってるので、グリスを塗るようにして付けました。

空気に触れてると接着しない嫌気性というタイプですが、バッチリでした!

 

-パーツ
-, ,