ハマる人はハマる!SELLE SMP サドルで快適ライド!

2015/09/05パーツサドル

以前使っていたSELLE SMP HELL(セラ エスエムピー ヘル)のご紹介です。
多くのサイクリストが悩むであろう、「お尻が痛い」問題。

自転車にハマって少しして、この問題を解決してくれたのがこのSELLE SMP HELLというサドルでした。


あとになってロングライド用に購入したSELLE SMP HYBRID(セラ エスエムピー ハイブリッド)の感想も合わせて投稿します。

SMP HELLとは

SELLE SMP HELLは、SELLE SMPというメーカーのHELLというモデルになります。

左:HELL 右:HYBRID
左:HELL 右:HYBRID

写真を見てもらうと分かりやすいですが、横から見ると波打っていて上から見ると穴が開いています。

左:HYBRID 右:HELL 逆になってしまいすみません
左:HYBRID 右:HELL 逆になってしまいすみません

穴が空いてるところは、想像つきやすいと思うんですが、圧迫からはだいぶ解放されます。

そして、波打ってる部分。ここにスポッとお尻がハマります!
このはまったところが本当にハマッた感じになり、擦れたり当たった感じになりません。前後に尻がズレることもありません。
これが、このサドルの特徴であり、凄いところかと思います。

こんな人におすすめ

サドルが合う合わないがあると思いますが、私が思う合う人は以下のタイプかと思います。

  • 猫背で腰を立てて乗る人
  • シートの座る位置が一定な人

 

View this post on Instagram

 

Selle Smpさん(@sellesmpofficial)がシェアした投稿

このポストのように、骨盤がしっかり立っているとサドルにスポッとハマる構造になっているようです。

私は割りとおじぎ乗りとかやまめ乗りとか言われる骨盤を前に倒す乗り方をしているのでポジション調整を結構しました。

SMP HELLの調整方法

おじぎ乗り(やまめ乗り)だと、このシートは先の方が山になっていて、かなりの圧迫を感じます。この圧迫を避けるために調整します。

骨盤を倒したおじぎ乗り(やまめ乗り)で調整する

1.猫背で腰を立てて乗るポジションで基本のセッティングをする

オフィシャル動画の2分くらいから。

自転車のサドルの水平はサドルの先端と後端をつないだ線が水平になる位置で考えます。なので、このサドルは「えっ?全然水平じゃないけど?」という水平の合わせ方になります。

2.そこから腰(骨盤)を倒した角度と同じ分だけシートも前傾にセッティングする

お腹の横に腰骨の尖ったところがあると思いますが、腰を前に倒すとこの骨が前に倒れて骨盤の角度が変わったのが分かるかと思います。

この角度に合わせて前傾にしてあげると、圧迫しにくく乗りやすくなります。

おじぎ乗り(やまめ乗り)の時のセッティング
おじぎ乗り(やまめ乗り)の時のセッティング

、、、ただし、シートを前傾にするとずり落ち安くなり、ハンドルに体重がかかり、腕への負担が増えます。

おじぎ乗りに合わせて調整した結果

私は多少前傾姿勢を緩め、シートを少し前に移し、多少猫背気味にフォームを変えました。
いまはこれが一番安定しています。

競技者は注意

ところがここで注意です。

自転車競技は国際自転車競技連合というところが規定を作り、ツール・ド・フランスをはじめ、世界中の自転車競技でここの規定に則って大会が行われています。

その中にサドルは水平でなくてはならないという事項があり、サドル後端と先端の最も高い部分を線でつないで水平から誤差+-9度以内でなくてはならないと記されています。(英語のため、私の誤訳が無ければですが)

参考:CLARIFICATION GUIDE OF THE UCI TECHNICAL REGULATION [PDF]

これを守るとなるとあまり深く骨盤を倒した乗り方はできないことになるんじゃないかと思います。

国内でもちゃんと規定を設けている競技に出場する場合、競技者の方は注意が必要です。

SELLE SMP HYBRIDとの比較

HELLと殆ど同じ形に見えるHYBRIDですが、クッションが明らかに多く、触ると柔らかいです。

HELLもクッションがあるものの、明らかに固め。将来のロングライド用に中古屋で格安で売ってたHYBRIDを買いましたが、私が乗った感じは100km程度じゃ違いは体感できません。

大きな違いは素材感とプリントくらいかと思います。単体だと気にならないですが、見比べるとHYBRIDは明らかに安っぽい。

見た目を気にするならHELL、気にしないならHYBRIDでいい気がします。

ネットでサドルについて調べると「ポジションが出てない」だの「筋力が足りない」だの厳しい指南を受けそうで、なかなか人に聞く勇気が持てないパーツかと思います。筋肉つける前に尻が痛くて乗るのが嫌になっちゃうよ!!!

でも私がSELLE SMPのサドルで、だいぶ悩みから解決されたように、サドルによってある程度の問題解決される場合もあるのは確かだと思います。更にポジション出しや筋力アップができると良いんじゃないでしょうかね。

サドルは合う合わないありますし、セッティングも私のは亜流ですので1つの参考程度にしてください。

サドル選びについてまとめ記事も書きましたので、良ければそれもご覧ください。

2015/09/05パーツサドル

Posted by ぶりおにーる