パーツ

キャッチしやすくビギナーにも優しい、しかも安い!SPD-SLペダル PD-R550

初めてのビンディングペダルで非常に気に入ってたPD-R550。

私のは不具合が出てしまうロットだったのですが不具合が出る度に直して直して乗っていました。
参考:PD-R550不具合について

オススメのビンディングペダル PD-R550

↑取り付けたばかりの頃の写真。グレーとブラックの2色展開で樹脂だから表面がうっすらラメっぽく輝いています。

最初は良かったのですが、最近は不具合が1日の内にそれこそ5回も6回も出てしまうことがあり、仕方なく先日交換することにしました。

ミニベロのも含め、幾つかペダルを試してみてPD-R550は凄く良いペダルだったというか現行品って凄いんだな~と言う結論になったので記事にしました。

ペダルは中古でいいや

ロードバイクに乗り馴れた頃、ミニベロを買ったのですが久しぶりにフラットペダルで走ったのが本当にキツくて、すぐに中古でビンディングペダルを買いました。

980円のサービスペダル PD-6610は調子が良かった

バイチャリは、古いものや傷だらけのペダルをサービスペダルって呼び方で、ワゴンセール的にいっしょくたに980円で売っています。

その中からクリートの踵をロックするクリップ部分が壊れてないかをチェックして適当に買いました。

ULTEGRAだったのは分かっていましたが、あとでPD-6610と分かりました。

ミニベロ用に980円で買ったPD-6610。ミニベロに合わせると凄く可愛い

調べると重量は310gくらいとのこと。

見た目はPD-R540と同じようで、だいぶ昔の物だったのですが、全く問題なく使えています。

PD-6610は見た目はPD-R540と一緒。

初めてのビンディングペダルは新品で買いましたが、縁石に擦ったりしてガンガン削られていくので、そもそも中古でしか買う気が無くなっていました。

中古のPD-5700は不具合があった

PD-R550に不具合が出たので予算は3000円未満で中古ペダルを買いに行きました。

バイチャリなら2500円くらいであるでしょと。

不具合は軸部分のベアリング

シルバーで少しレトロ感のある金属製のペダル。

左がR550、右がPD-5700

見た目はPD-R550が若い感じの渋谷・原宿だとすると、PD-5700は少しレトロな何だか丸の内あたりを思い出します。(どんなだ)

そんなことを思ったか思わないかしつつ、店でペダルを交換し家まで少し走ると足にカコンカコンと伝わる違和感が、、、

恐らくシャフトの中のベアリングが磨耗していて11時から1時のとこで必ずガタが出るという状態に。

ペダルを手で回しても異常はなく乗ってみないと分からないの状態だったのですが、中古品は店側もこういった不具合があることを考慮してるらしく普通に返金対応して貰いました。

新古品レベルのPD-6700Cの高級感が凄い

返金してそのまま別のを探し、買い直したのが当初予算の倍もするPD-6700C。6800も売ってましたが、綺麗で価格も安い6700を購入しました。

PD-6700C ULTEGRAのカーボンペダル。R550のグレーに比べると黒に近いグレー

PD−6700Cは軸の回り方が物凄くスムーズ

ひょっとしたらPD-R550も最初はスムーズだったのかも知れませんが、サーサー感があったように思います。それがPD-6700はクランクを回したときのサーサー感が無く足の感じがもの凄くクリアです。(ゴリゴリ>ザラザラ>サーサー)

軸も特殊で見た目も良く、ペダルのボディは裏側が肉抜きをされています。

ULTEGRA、、、凄い!上質感が全然違う! 5700が丸の内だとしたら6700は六本木ですかね、六本木一丁目。(何の話だ)

幾つかペダルを使って分かったこと

殆どが中古ですが、幾つか使ってみて分かったことがありました。

グレード名がついてるものは踵のクリップ部のバネ強度が硬め

PD-R540はセキドンが使っているので、乗させて貰ったことがありますが、特に柔らかいとは感じませんでした。

が、ULTEGRAや105などのグレード名が付いているPD-6610、PD-5700、PD-6700はグレード名の無いPD-R540やR550に比べるとクリップがちょっと硬いです。

Pちゃんも使っているPD-R550。傷もついていない新古品500円w

とは言え、慣れてれば全く苦にならないレベルなんですが、私はR550を柔らかくしてはいていたので比較すると結構な違いを感じました。

R540と550では硬さの差は感じなかったので、他が硬いのではなくこの2つが柔らかいのかも?

実際、私以外で使ってる方の印象はどうなんだろう? と思ってググってみたらやっぱりPD-R550はバネが弱めみたいでビギナーや女性にも良いようです!!
参考:シマノペダルR550の使用感 - pedalare

Pちゃんも、PD-R550を使ってるんですが、外しにくいことは無いようで立ちごけの経験も殆どありません。(山に行った時に駐車場でこけた)
R540がライトアクションという名前がついていますが、R550も柔らかいですよ。

PD-R550が最もキャッチしやすい

私はペダルが上にあるときに足を後ろから前に滑らせてペダルをキャッチしています。

この方法だと他のペダルよりR550が最もキャッチしやすいように思います。

PD-6700Cを横から見たところ。つま先の方までまっすぐです

↑これはPD-6700Cを横から見たところです。

6700、5700はキャッチのしやすさでは同じ。6610は良く滑りますw

R540はセキドンが良く滑って足を打ち付けているので、キャッチしにくいんじゃないかと思います。

家で何となく見てたらR550は爪先側の溝が6700よりも深いような?この影響はありそうです。

PD-R550のブラック。つま先側がかなり立っています

↑PD-R550はつま先の部分が上を向いています。後ろから足を滑らせてキャッチしやすいのはこのせいかも?

グレードは105やULTEGRA より下でも世代が新しければ改良されてキャッチしやすく使いやすくなっているというのは凄いことだと思います。

スニーカーでも乗り安い

たまーにスニーカーでも乗ることがあるのですが、R550は結構安定感があります。たぶん、横幅があるからだと思います。

6610は平らなので前側に滑るのが怖かったのですが、シッティングは問題無い物のダンシング時にはどちらかと言うと横幅が足りなくて不安を感じました。

ビンディングペダルは基本はスニーカーで乗る物では無いとは思うのですが、終電も無くなった深夜に彼女が急に会いたいとか電話かけてきて慌てて家を出る時にビンディングシューズを丁寧にはいて迎えに行っても、玄関先でカチカチとシューズが鳴っちゃたりして雰囲気も無くて台無しですからね。

そういう時はやっぱりスニーカーです!(何の話だ)

まとめ、PD-R550は幅広い層に対して凄く良いビンディングペダル!

高級感やベアリング精度などはULTEGRAのグレードまで行くと違うのかもしれませんが、キャッチのしやすさやバネの張力などで見たらPD-6700Cよりは確実に広い層に受け入られやすいと思います。

PD-6700Cが2011年発売ですが、PD-R550は2013年発売なのでこの間に改良されているのかもしれません。

そうなるとPD-6800やPD-5800は更に良くなっているんじゃないかと思いますが、やっぱり初めてのSPD-SL ビンディングペダルには価格的にもPD-R550はオススメだし、PD-5700や6700から買い替えでなるべく安く済まそうとしてる人にも性能的にも問題なく、幅広い用途に答えられる良いペダルなんじゃないかと思います。

安いから雑に扱っても良いかも知れないですしね。

不具合が出る場合があるので、数ヶ月は保証書や箱を捨てないようにしましょう!

 

 

-パーツ
-,