アクセサリ

汗冷えの恐怖! 冬用ロードバイクウェアはまずおたふくを買うべし!

そろそろ冬が近づいてきましたね。結構肌寒くもなってきているのですが、初心者の人は兎にも角にもベースレイヤー(インナーウェア)を買うことをおすすめします。

夏はまだしも秋以降は汗冷え=即体調不良になりかねないので、汗を乾きやすく発散してくれるベースレイヤーが非常に重要ですよ。

今日は右も左も分からない人の向けのエントリーになります。

肌に密着するベースレイヤー重要な理由と役割

ベースレイヤーっていうのは、冒頭にも書いた通りインナーウェアのことを言います。スポーツバイクの世界ではインナーウェアをベースレイヤーと言うことがあります。

サングラスをアイウェアって言ったり、ベストをジレ(フランス語)って言ったり色々特殊な用語が出てきますよね。初めてのベースレイヤー選びは何かと困りますが、まだ持ってない人はおたふく手袋というメーカーのボディタフネスをおすすめします。と、その前にベースレイヤーについて偉そうに語ってみます。

レイヤーという考え方

レイヤーっていうのは日本語で「層」のことで、スポーツ自転車の世界では重ね着をすることが基本の概念にあるようです。

ベースレイヤー(インナー、肌着)、ミドルレイヤー(ジャージ)、アウターレイヤー(ジャケット)というような感じで、それぞれ着る物をレイヤー(層)に分けて扱ったりします。

このレイヤーの組み合わせや重ね着することを「レイヤリング」などと言ったりします。実際の会話ではあまりレイヤリングなどと言ってるのを聞かないので普通に「重ね着」と言っていれば良いと思いますが、レイヤリングなんていう概念がある訳です。

で、それぞれのレイヤーにも寒さ対策の効果が高いものと低いものがあって、例えばアウターレイヤーなどを見ると0度対応のジャケットもあれば、5度対応のジャケットもあったりします。

その場合、「ベースレイヤー+0度対応のジャケットのみ」という組み合わせと「ベースレイヤー+ジャージ+5度対応のジャケット」という組み合わせは同じ効果になるといったような足し算的な考え方があったりします。

ベースレイヤーの役目

ミドルレイヤーは、普段着で言うシャツやスウェット的な感じで、アウターレイヤーはジャケットやコートという感じで思って貰えば想像しやすいと思うし、機能についても他のアウトドアスポーツで見たようなものが多いと思うので買いやすいと思うのですが、ベースレイヤーは何を基準に選んで良いのか分からないのでなかなか難しいですよね

ベースレイヤーは保温効果もありますが、ズバリ重要なのは汗冷えを防ぐ用途です。

しかし、ベースレイヤーにもややこしいことに種類が大きく分けて2つ存在し、それぞれ違う役割りを持っています。

まず一つ目が、発生した汗を素早く吸収し肌に密着している部分から外側に汗を追い出し、外側の水分は逆に中には戻さず肌を常にサラサラな状態に保つ機能です。その代表的な商品にファイントラックというメーカーのドライレイヤーがあります。

凄いですよね。・・・ただ、お値段が高めなんですよ~。

そして、もう一つの役割が、汗を素早く空気中に蒸発させるという役割です。こちらは汗をいつまでも水分として布が吸収しておくのではなく、布の表面に広く分散させなるべく早く空気中に蒸発させます。「速乾タイプ」などと良く書いてあります。

こちらも代表的な商品としてはファイントラックのメリノスピンや、自転車乗りに絶対的な人気のモンベルのジオラインなどがあります。ベースレイヤーとしては汗を外に出す物より、こちらの速乾性のタイプの方が有名で殆どの人がどこかしらの商品を使っていると思います。

ファイントラックは、ドライレイヤーの上にメリノスピンと言うようにベースレイヤーを2枚重ねにして使うことで、ドライレイヤーが汗を素早く肌から分離し、メリノスピンが汗を素早く空気中に蒸発させるというタッグプレーをするようなことが出来てしまいますが、かなりガチな人以外は後者の速乾タイプのみを使用している場合が多い印象です。

ベースレイヤーに回す金銭的余裕が無いなら、おたふく手袋一択じゃない!?

50代、60代のような方が自転車を始めた場合、金銭的な余裕はあるかもしれないので、そういう方は先に上げたようなファイントラックやモンベル、その他自転車屋でもCRAFTなどがかなり商品展開をしてますので、そういったハイテクベースレイヤーを購入するのをお勧めします。

が、そうでない特に若い初心者はロードバイクを買ってグローブやヘルメットやらとにかく色々買ったのに更にベースレイヤーでまた大きな出費をするなんてかなり厳しいと思うんです。そんな人はおたふく手袋のボディタフネスで良いんじゃないでしょうか。

兎に角安い!

で、そのおすすめなのが、速乾性のベースレイヤー、おたふく手袋のボディタフネスです。

私が買ったのは↓ハイネックのこれです。

ホントは丸首が良かったんですが、去年私が買ったときはハイネックしか見当たらず仕方なく購入しました。ネックウォーマーをいつも付けてるから良いですが、付けてないと首から黒いのがはみ出て少しダサいですw

で、いま見たら丸首タイプが出てました!

見て貰えばわかる通り、めちゃくちゃ安いですよね。ただ安かろう悪かろうじゃないところが凄いです。

見た目は普通のコンプレッションインナー

見た目はこんな感じで普通のコンプレッションインナーなんですが、

裏起毛素材になっている

内側は非常に細かい起毛素材になっていて、寒いときに着ても冷やっとすることなく肌触りも大変気持ちが良いです。買ったのは昨年なので、既に昨年度の冬にかなりの回数を使ってみたのですが、少し暖かさを感じる素材で動くと体が温まりやすいように思いました。

ボディタフネスパッケージ 裏面

横幅方向への伸縮性がかなり高く、胴回りや腕回りのフィット感は非常に良いですがコンプレッション系のトレーニングウェアとは違って締め付けるような感じが無いのも個人的には良い気がしました。

丸首の方は普段使いでも問題無く、むしろ勝手が良さそうな気がします。

速乾性に関しては、私がメインで使っていたHelly Hansenのベースレイヤーと比較すると本当に若干肌が湿っぽい感じはしましたが、汗冷えをしたということは1度もありませんでした。

唯一、あるとすれば若干汗臭さなどを感じる気がします。ベースレイヤーでそれなりに高い商品は速乾の他に消臭機能があるんですが、若干汗臭さが分かるかも、、、やっぱり気のせいかなぁ。

レイヤリング例

昨年度の冬に私が走っていた時で気温が低いときと言うとたぶんは5度~10度くらいだと思うのですが、12月から3月中旬くらいまでは良く「おたふく手袋ボディタフネス+長袖ジャージ(裏起毛ではない)+0度対応のシマノのジャケットという感じのレイヤリングで、まぁシマノのジャケットが優秀なのもありますが、特に何の問題も無く走れていました。

冬の装備

 

10月中くらいは、このインナーに半袖ジャージで、寒くなってきたらウィンドブレーカーを羽織るなどしてます。アームウォーマーを付けているように見えるので良いかなって感じです。

その他のベースレイヤーについて

私はもともとHelly Hansenのベースレイヤーを使ってて、結構薄手なんですが保温性と速乾性の両方で全く文句なしでリピート購入したいくらい満足しています。

ロードバイクの冬用アイテムを色々購入!

↑たぶん、Amazonだとこれ。海外通販で買いましたが、確か4000円くらいしてて「たっかいなぁ」と思って凄く迷って買ったと思います。

風を通しにくいのかなんなのか、おたふくのより暖かい感じがしていて満足度と信頼度は上です。・・・まぁでもやっぱり高い。

そしてもう一つが買ったことは無いのですが、サイクリストに絶対的な人気のモンベルジオライン。

今年(2017年)は遂に自転車向けのラインナップが用意されるなど、メーカーとしてもその需要を無視できなくなっている表れかと思います。

参考:モンベル ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ

まとめ

もう2年目、3年目のサイクリストはベースレイヤーを持っている人が殆どだと思うのですが、まだまだ始めたばっかりの人は冬こそベースレイヤーを考えて買ってみてはどうでしょうか。

少しでも費用を浮かせたい初めてのベースレイヤーには、おたふく手袋が良いですよ!

 

 

-アクセサリ
-, ,