アクセサリ

OTION滑り止めシールで冬のフルフィンガー対策を施す

投稿日:2018/09/30 更新日:

上半期に買って良かったアイテムでダントツの1位のものを紹介します。

デデン!!これです!

OTION 滑り止めテープ

OTION 滑り止めテープの概要

この商品、簡単に言うと「滑り止め」です。たかだかただの滑り止めが2,000円もします。

ローディの金銭感覚は相変わらずアホなのかなと思うんですが、暫く使ってみて滑り止めに関しては非常に高い信頼を得られたので2,000円であれば買いだと思うんです。特にフルフィンガーのグローブを使ってる人にはお勧めしたいです。

OTION滑り止めテープのパッケージ(2セット分)

滑り止めと言うより、痛くないヤスリ

滑り止めと言うと、ゴムっぽい感じを想像してたんですが、まぁこれが現物を見てみると全然違いました。

表面から細くて細かい毛が生えていて、柔らかいんですがグニャっと押し潰す感じでもなく、指に刺さる感じでもなくしっとりとくっつきます。

粘着力があるような感触なのですが、ビニールテープやヘアワックスを触った時のような指に残るような感じはありません。

指をこすると指紋が取れそうなくらいにザラッとしますが、ヤスリのように痛くないのが特徴です。これは触らないと分からないのですが、しっとりなのに動かすとヤスリのようなざらつき感があるとても変な感触です。

粘着力はそれなりにある

ネットを見ると粘着力があまり無いようなレビューも見受けられますが、ST-5800に取り付けた感じでは粘着力が弱いような印象は受けていません。

貼り付ける時に本当に若干伸びるので、伸ばしながら何度か貼り直しをしましたが特に接着力には問題なく、剥がれたりはしていません。

取付の際は一応STIレバーの表面を中性洗剤で脱脂をしましたが、シール系においてはやっぱり脱脂は必須ですよね~

耐久性は割とあるかも

よく見ると細い毛のような構造であることが分かるので、すぐボロボロになって使えなくなると思っていました。

しかし、ロゴの塗装ははがれてきても、毛自体が簡単になくなることはなく、少なくともグリップが失われることは体感としては感じていません。(約5ヶ月ほど使った結果)

数回使っただけで毛先の塗装が落ちるが、根元にも塗装があるためロゴが消えることはない

汗、水、クリーム、フルフィンガーグローブなんでもござれ

グリップが滑るのは色んな状況がある訳ですが、これを付けてからグリップが滑ったことがありません。

汗、水、クリーム系の影響は無し

私は年がら年中フルフィンガーグローブで乗ってるのですが、時々短い区間を素手で乗ることがあります。5kmくらい、、、

本当に時々なのですが、多少汗をかいたり、日焼け止めクリームを塗っていたり、トイレから出てきて手が濡れていたり、こういったことで非常に滑る状況が生まれます。

特に日焼け止めクリームみたいなものは膜ができて、ST-5800のレバーは滑りやすくなってしまうのですが、このどの状況でも全く問題なく吸い付くようなグリップ感が得られます。

冬場のフルフィンガーグローブには特におすすめ

私は年中フルフィンガーですが、冬になると当然多くのローディがフルフィンガーになるかと思います。

私はモンベルの冬用グローブを使っていて、指先が革っぽい素材(合皮?)で十分滑り止め効果が高いのですが、冬以外のシーズンで使ってるUVEXのグローブは指先が滑りやすくなっているので、ブレーキ時は結構な力で握る必要があります。

いつも使ってるUVEXのグローブ。指先の滑り止め効果があまりない

これが、OTIONのグリップシールを付けると、全く心配がなくなるくらい、むしろくっついてるのか?ってくらいの滑り止め効果を感じることができます。

そして、付けてみて分かったのが、ブレーキレバーを押し込む際に非常に楽なこと。

指先で押し込む感じではなく、指の腹で引っ掛けるようなことができるようになるので、ブレーキをかけながら(ブレーキレバーを引きながら)の変速がとてもやり易くなります。

これはダウンヒル時や信号での停止時にとても都合が良いんですよ~(笑)

まとめ

ロードバイク歴も4年目ともなると買うアイテムがだいぶ変わってきました。

いかに楽をするかということに寄っていってる気がしますが、ブレーキが滑りやすいとか、グローブをすると滑りやすいと感じている人は試して貰いたいですね。

カラーも黒以外にピンクもあるようです。

 

-アクセサリ
-,

関連記事

Copyright© Fertile-soil , 2018 All Rights Reserved.