ホビーライダーにメンテナンススタンドは必要か否か

2019/08/21アクセサリメンテナンス, 快適, 洗車

念願のメンテナンススタンドを買いました。

サンワダイレクトさんが販売していたもので良く見るタイプです。

これでまたメンテナンスという呼び名の破壊活動が捗ります。

・・・冗談は抜きにして、このメンテナンススタンドを買って良かったことと不満を整理してみたいと思います。

メンテナンススタンドの種類

まずは届いてみて思ったのは「デカイ!!」ということ。

畳んで細くできるので、部屋の角にでも立てておけば問題ないんですが、使っていると部屋が非常に狭く感じます。

メンテナンススタンドは大きく2種類に分けられる

それもそのはず、使い始めて気付いたんですが想像してたのと違うタイプを買ってました(笑)

メンテナンス台 サンワダイレクト 800-BYWST1

パッと見で見た目が違うので違いに気付かないのがおかしいんですが、実はスタンドには大きく2つに分けて、台の上に乗せるタイプと今回のクランプで吊り下げるタイプの2種類があるんです。

台に乗せるタイプ

台に乗せるタイプは、スタンドの足の上にレールがあり、そこに直接自転車を乗せ、レールとフロントフォークをスキュワー等で固定する構造になっているため非常に安定するのが特徴です。

種類によっては、このレールを斜めに角度をつけることもできるので、様々な用途に幅広く対応可能です。

ガタつきが無く安定するのが特徴で、殆どの自転車屋さんはこのタイプを使ってるように思います。

吊り下げるタイプ

クランプでシートポストを挟み、吊り下げるタイプのスタンド。

高さを自由に調整できるところが特徴で、フレームの下に入りやすいなどがあります。

吊り下げるタイプのメンテナンス台

掴む部分を変えたり、用途に応じてフレームの向きを変えることで様々な使い方ができます。

吊り下げタイプの良いところ悪いところ

台に乗せるタイプを使ったことが無いので比較となると想像になりますが、意識しながら吊り下げタイプについての良いところ、悪いところを考えてみました。

悪いところ

まずは悪いところ。使っていてストレスを感じたところです。

吊り下げるタイプは一見前者の台に乗せるタイプよりもスペースを取らないように思います。

・・・が、ここがちょっと認識が違うところで、横に棒が伸びていてクランプで自転車を吊り下げる構造なため、スタンドと自転車の両方のスペースが必要で非常に場所を占有することが分かりました。

また、クランプ1点で自転車を支えるため、かなりガタつきます。ここはスタンド自体の剛性に関係するところですが、構造的には台に乗せる方が安定するのは言うまでも無いかと思います。

商品説明では、トップチューブをクランプで挟み込むような使い方を見ますが、正直なところカーボンフレームを挟み込むのは怖いし、メンテナンスで色々と力がかかるので掴んだ一点に負荷をかけるのが不安で、心理的にブレーキがかかってしまうストレスを感じました。

ラックのように2か所で掴むのであればまだ良さそうなんですが・・・

そして、背が低い、もしくは身長に対してジャストサイズのフレームの場合、あまりシートポストが飛び出て居ないと思うので、掴むスペースが無いと言う残念な事に、、、

シートポストがあまり出ていないとつかめない。カーボンシートポストだと怖いのでメンテナンス専用のシートポストの購入を推奨。

台に乗せるタイプとの比較は、価格の安さでアドバンテージがありましたが、GORIXから安価なものが出てて差額が2,000円くらいなところが痛いところです。

良いところ

やはりかなり高い位置から吊るせることがとてもメリットに感じます。

フレームの下に潜り込んでのメンテナンス、、、と言うか清掃はとてもしやすくて便利です。

あまりトルクがかからないメンテナンスであれば、90度回転させて、フォークを水平にしてメンテすることもできるので、プレッシャーアンカーなどの落下防止には使えると思います。

ちなみに、シートポストで固定した場合、トルクがかかる作業はガタがでますが、クランクの取り付けなどは片手でフレームを支えれば問題なくできるので、苦にはなりません。

ただまぁ何だかガタが出て不安という何となくの不安はずっとあるので、変なストレスが溜まり続けるのはあります。

下げたり上げたり斜めにしたりは結構やり易い

使い続けて信頼性が増せば変わってくるかもです。

そして最も大きいこのタイプならではのスタンドのメリットは、トルクがかからない洗車に関しては最強の使いやすさかと思います。

吊るすだけじゃなく逆向きにすらできてしまう勝手の良さは他にはありません。(重量によっては支えきれずに回転してしまうので注意)

オイルがスタンドに垂れずに地面に落ちるのも良いところです。

結論

もし、今回のノウハウを持った状態で初めてのスタンドを購入するなら、間違いなくGORIXのスタンドを買います。

1万円切ってるし。

Twitterで実際に使っている人からも教えて貰いました。やっぱり良いらしいです。

でも、今回買ったものも不満があって使えないかと言うと、洗車などは問題無いので庭先などで広めにスペース取れる人にはとても良いと思います。

折角なので、このスタンドを暫く使ってみようと思います。特にガラス系のワックスをかけるような洗浄はとてもやり易かったですからね!

さて、最後にこの記事のタイトルにもなっている「ホビーライダーにメンテナンススタンドは必要か?」という問いに関しての私の回答はズバリ「不要である!」であります。通常のディスプレイスタンドで十分です。

・・・多分、GORIXの買っちゃいますけどね(笑)