使い勝手がピカイチ!暖かくて使いやすいBIKOTの冬用ウィンドブレークサイクルジャケット[PR]

アクセサリアパレル, 快適

昨年の11月に大阪と京都旅行に行ってきたのですが、その際に京都の自転車販売兼メーカーのきゅうべえさんに立ち寄り、幾つか商品を無償で提供いただきました。

BIKOT コールドブレークジャケット

今日はその中でBIKOT(ビコット)というきゅうべえさんオリジナルブランドの「コールドブレークジャケット」について紹介します。

↓商品ページはこちらから

サイクルウェアの難しさは機能性とファッション性の両面が求められるところ

自転車用のウェアって凄く難しいんですよね。

  1. 通常のアパレルより機能性が求められる
  2. デザイン面での定番が無い(定着しているセオリーがない)

この2点がその原因ではないかと思っています。機能性が必要なのでデザイン性(シルエット、パターン)が乏しくなり、そのためグラフィックで個性を出そうとしてバランスが悪くなり、しっくりくる定番が生まれないというような。

まぁ難しい感じで言ってますが、簡単に言うと機能性が担保されていて尚且つファッションセンスが一致すればOKと言うところなんですが、結論から言うとBIKOTのジャケットは私はとても気に入りました。

まどろっこしく書きましたが分かりやすく言うと機能的にもデザイン的にも使い勝手が良い!という感じです。

良いところを少し分解して詳しく紹介していきます。

防寒だけではない機能性の高さ

冬ライドの難しさは単なる防寒だけではない訳で・・・。適度な温度調整、、、変な話、意図的に寒くできることが重要だと個人的には思ってます。

優秀なベンチレーション機能

BIKOTのコールドブレークジャケットはベンチレーション機能(換気機能)が非常に優秀です。

冬用サイクルウェアの防寒の概念は基本的に「防風」になる認識で、ウェア自体で体温を維持するのではなく、運動で上昇した体温が下がらないように外気の侵入を防ぐ(防風)ことで体温を保護してますよね。

これを理解するまでは普段着ている冬服と同じような考え方をしてしまっていました。

しかし、実は冬のライドでの天敵は体が温まりすぎて汗をかいてしまった後に起こる汗冷えなんです。冷えた汗が体温を奪い続け、体を固くして筋肉を傷めたり風邪をひく原因にもなりかねないんです。

そのため、汗をかかないように走りながら運動強度に合わせてジッパーを開くなどして換気をしながら、意図的に寒くして汗をかくほど体温が上がりすぎないようにするのが良いと。

  • 防風性能の高さ
  • ベンチレーション(換気)性能の高さ

冬用サイクルウェアの防寒という視点では私はこの点が重要だと考えていますが、この商品は防風性能に加えて特にベンチレーション機能が特に良い感じです。

BIKOT コールドブレークジャケット ベンチレーション
ベンチレーション(きゅうべえさんのサイトから拝借)

フロントに3つ取り付けられた5.8インチのスマホが余裕で入る大き目のポケットは、中がメッシュになっていて開けるとウェア内部に空気を大量に取り込むことができます。

また背面のポケットは左右に縦に開くジッパーが付いていて、ここを開放すると前から入った空気が抜けていくため更にベンチレーションの効果を高めることができます。勿論、フロントをとめているジッパーを開けばもっと大きく空気を取り入れることができるので走りながらでも温度調整がしやすくなっています。

運動強度によりますが、気温7度で強度は低めの時は胸と背面のポケットを開けて走ると胸からスーッと入ってくる冷たい空気がとても気持ち良く、走るモチベーションの維持にもなりました。

ポケット機能の優秀さ

冬用自転車用アウターは何でか分からないのですが、ポケットが使いにくいものが多いように感じます。

写真を撮ったり地図を確認したりするのにスマホを取り出すのですが、冬物アウターを着るとこの収納や取り出しが一気にしずらくなる経験をした人は多いと思います。

それがBIKOTのジャケットは前述のポケットが便利で小物の収納にも特に困りません。サイクルジャージだとスマホ、自転車用のコンパクトな財布、手ぬぐいをバックポケットに入れてるのですが、BIKOTのジャケットの場合はフロントの右ポケットにスマホ、背面に財布を入れていて使い勝手は問題を感じていません。

また、この背面ポケットがかなりの大きさなのが魅力です。最初ベンチレーション目的以外に大きな背面ポケットが必要かな?と思ったんですが、仕事から帰ってきてナイトライドをする時に非常に便利です。

いつも普段用の財布から自転車用のコンパクトな財布に中身を移すのですが、これが地味に面倒くさい。でも、BIKOTのジャケットは背面ポケットにバカでかい長財布がそのまま入ってしまうので、ズボラな私はそのまま出かけられるのも嬉しかったりしてます。

幅広く合わせやすいファッション性

私、実は黒いトップス(サイクルウェア)はあまり持ってないのですが、使ってみてファッション的な面でも魅力的だと思いました。

分かりやすく言うと「とりあえず着ておけばOK」な合わせやすさ。兎に角楽なんです。ガチなサイクルウェアと一緒に着ても良いし、ジーパンなどでも違和感無しです。

かなり珍しいテーラードジャケット的シルエット

ジッパーをしめるとストンとまっすぐなシルエットになります。ここはガチっぽくないサイクルウェアって感じです。

割とストレートなシルエットの冬物サイクルウェア

ただ、なぜかお腹部分はかなり余裕がある状態でまっすぐなシルエットなのにお腹ぽっこりはかなり隠せます。なのに不思議なことに裾部分は密着していて空気が入ることは無く腰が冷えて寒い思いをすることもありませんでした。

特に良いのが前を開けた時のシルエット、、、ごめんなさい、これひょっとしたら色が黒だからかも知れないんですが、ジッパーを留めないで羽織るだけにすると、着丈が短めのオシャレなテーラードジャケットみたいになります。

テーラードジャケットのようなシルエットのサイクルウェア

これ、写真写りがめちゃくちゃ良いんですわ。何かサイクルジャージやウィンドブレーカーで写真に写ると「いかにも感」が出ません?それがとても自然で街に溶け込みやすい感じになるかと思います。(思ってます)

カフェでも自然なサイクルウェア
手前のカウンターで背中を向けているのが私。カフェでもとても自然。

ローディはかなりオシャレな人が多いと思うので、この選択はめちゃくちゃアリだと思います。

正直きゅうべえさんには言い難いところだったのですが、着るまでは袖や襟の柄はちょっと派手かな?と思ってました。この辺は好みですけど、着て実際に写真に写っている自分を見ると調度良いように思えてます。これを読んでくれてる人はどんな印象でしょうかね?

抑えるべきところ

ガラの部分は反射材なのかな?あんまり光らないような。ここだけはマイナスポイントでした。

いずれにせよ、ベースが黒なので夜間での視認性には十分に配慮をしましょう。どんなウェアでもそうなんですが、安全には気を付けてテールライトだけでなく、身に着けるものなどでできる限り対策は各自でした方が良いと思います。

まとめ

冬用ジャケットは過去3着使っています。このジャケットは2か月ほど使ってみてとても良い印象を持っています。

オシャレローディ気取りの私としてはアパレルはトータルコーディネートで考えるので、持っているものと組み合わせがし易ければしやすいほど私にとっては良いデザインだと思ってます。

冬物ウェアを何着か持っていた方がローテーションもできて良いんですが、BIKOTの今回紹介した冬物ウェアは何にでも合わせやすく定番のアイテムとしても非常に便利なウェアで、更にベンチレーションがとてもし易くて機能面も含めてトータルで「とりあえず着て出ていけるくらい使い勝手が良くて楽で良い」と思いました。

もう冬も終わりが見えてきましたが、まだ冬用ウェアを持っていない人や買い替えを検討している人は、3月いっぱいまではまだまだ寒いので有意義にライドするためにも検討してみてはどうでしょうか。

↓商品ページはこちらから